トラストコミュニケーション株式会社

お知らせ
NEWS
お知らせ記事

インターンシップ3日目

お知らせ

インターンシップ3日目に入って緊張がほぐれてきたインターンシップ実習生の渡邊です。
3日目の実習では2日目に行ったサーバのraidを組んで、サーバの中にVM wareESXI6.5.0というOSをインストールしました。
VM wareESXIとは仮想マシン上で稼働させる仮想OSのことであり、最初の内は何のことか全くわからずどういう使い方をするのか見当もつきませんでした。
また、今帰仁村役場での障害対応に同伴しました。
1日目に同伴した名護市での定期点検とはまた違う空気感を味わい、障害に対して即座に対応する仕事の切り替えの速さに仕事のスペシャリストは違うなと思いました。
そして、3日目最後の実習として会社で週一で行われるPythonの勉強会に参加しました。
私が大学で学習していたプログラミング言語はJavaだったので、Pythonでの構文の書き方の少しの違いがわからず、四苦八苦していました。
勉強会の中には大学で学習したことがありましたので、Javaでプログラムを組むこととPythonでプログラムを組むことの少しの差にギャップを感じました。


インターンシップ生の磯﨑です。
本日は、サーバのRAIDの設定と障害対応の同行、Pythonの勉強会に参加させていただきました。

サーバのRAID設定では、設定自体は難しくはありませんでした。しかし、サーバに使っている複数のHDDの中のいくつか不具合のあるHDDがありその特定作業の方が大変でした。サーバの設定などは案外簡単にできるものなのかと思いました。これからの作業が大変なのか、そのこれからの作業も簡単にできたりするのか渡邊くんに聞いてみたいと思います。

障害対応の同伴では、2件の障害対応に同行させていただきました。実物を見て状態確認、原因の特定や使用者への説明の様子を見て手際よく故障個所の特定や修理交換によって必要な手順等を把握しておりプロは違うなと感じました。私自身は目の前にある複数のサーバやLANケーブルの束にただ驚いていただけでした。この様な障害を早く発見・対応できるようにZABBIXのような監視ソフトがあるのだと監視ソフトの重要性を知ることができました。

Pythonの勉強会では、名前しかしらない言語などの初めは戸惑いました。やっていくうちに記述の方法が違うだけで他言語と考え方は同じということに気づきました。Pythonの勉強のきっかけになった勉強会でした。

本日は外出することが多い内容だったため実際に現場の雰囲気を感じることができ、大変勉強になりました!明日はどのようなことが経験できるのか楽しみです!!


お問い合わせ

お問い合わせやご相談、
お気軽にご連絡ください


沖縄でシステムやネットワーク構築、保守のコンサル、承ります。他、ご相談頂ければ可能な限り対応致しますので、ぜひお気軽にご連絡ください。